労働安全衛生法に基づく「ストレスチェック」

概要 特長
労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度
 2014年6月に公布された労働安全衛生法改正に伴い、従業員数50名以上の事業所においては、 ストレスチェックの実施が義務付けられ、2015年12月1日より施行になります。 また、厚生労働省よりその具体的な運用方法を定めた省令・告示・指針が公表されております。
私たちヒューマニーズでは、2001年のEAPサービス開始以来、企業とパートナーシップを組んで 『従業員およびそのご家族の心の健康をサポートしていくことで個人と企業の生産性を高めていくためのプログラム』を提供し EAP活動をサポートしています。その一環として、従業員のストレスチェック及び組織分析のサービスは かねてより提供しておりますが、法制化に伴い、その実施方法などは事業体や環境、産業保健体制などにより 企業毎に様々であり、各社用にカスタマイズし実施に向けた準備をさせていただいております。
貴社における労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施に際して、状況に応じた最大の効果・効率を 考えた方法を検討する準備といたしまして、弊社のストレスチェック業務等をご提案させていただきます。
流れ
「ストレスチェック」フロー図