ヒューマニーズについて
会社概要 企業理念 社長挨拶 企業沿革

社長挨拶

ヒューマニーズ代表取締役社長・大谷光彦
ヒューマニーズ代表取締役社長・大谷光彦

はたらく人の「心」の問題は難しい問題です。
医学的にもどこまでを病気と呼ぶのか、境界も定かではありません。 近年は社会構造の変化の中で、メンタルヘルスの重要性がどんどん膨らんできています。
社員の個性(メンタル面の強さや弱さを含め)への気配りのあり方は、会社の生産性や成長の問題と密接に関係してきています。 ヒューマニーズは、この問題を正面から捉えて行きます。「予防から解決まで」のソリューションを提供できる会社として、 攻めの経営を可能にする「攻めのEAP」をご提供いたします。メンタルヘルスはその重要な軸と考えます。

<ヒューマニーズのサービス>
その1: “今を知る”― 現状把握
人間ドックのように組織の現状を調査します。ドックである「そしきカルテ」は、 社員個々のみならず、会社全体・部門ごとのストレス状況を調査するツールです。 ストレスの度合いやその原因について分析します。

その2: “問題の芽をつむ”− 予防処置
社員の皆さまから電話相談や面談カウンセリングを行います。
個人の守秘を徹底した上での会社への定期報告やEAP通信の配布、またプログラムを有効活用していただくための導入研修などが含まれています。

その3: “前進する” − 会社を変革する
ストレスの軽減や研修の実施、体質強化への取り組み。休職者の職場復帰支援などもこのひとつとして位置づけています。

これら3つのサービスをベースに当社はお客さまの状況に合わせたカスタマイズを徹底的に行います。 マスで捉えないきめ細かな対応をし、時間をかけてお客さまと一体となった問題解決を忍耐強く続けます。 私共はこれを「パートナーシップEAP」と呼んでいます。
ヒューマニーズの社員はこのことに誇りを持ち、お客様に常に新たな手法をご提案できるEAPコンサルティングのプロ集団で ありつづけたいと考えてます。
何卒、私どもヒューマニーズを宜しくお願い致します。

株式会社ヒューマニーズ
代表取締役社長 大谷 光彦

大谷光彦のプライベートブログはこちら