EAPとは?行政指針メンタルヘルス用語集

EAPとは?

EAP(Employee Assistance Program:従業員支援プログラム)とは?
 従業員およびそのご家族の心の健康をサポートしていくことで、個人と企業の生産性を高めていくためのプログラムのことをいいます。
EAPの歴史と現状
 EAPは1970年代、アルコール・薬物等への依存者の増大が社会問題となったカウンセリング大国アメリカで普及したといわれてます。その後、社会の多様化と複雑化に歩調を合わせて、EAPはメンタルヘルスを含めてその専門領域を広げてきました。
 発祥の地であるアメリカでは、フォーチュン社上位500社のうち95%、上位100社では100%がEAPを導入しています。今日では、世界各国の企業でも導入され、プライバシーが守られたうえで専門家による適切なアドバイスが受けられるサービスとして高い評価を得ています。
 日本では、従業員支援プログラムと訳され、90年代後半に外資系メーカーの日本法人によって導入されたのがはじめとされており、今日では優良大企業を中心とした多くの企業がメンタルヘルス対策として導入しています。その背景には、豊かさと共に様々なストレスが存在している現代日本社会があります。
 心的ストレスから精神疾患を患う人、実社会から脱落してゆく人、そして自ら命を絶つ人の数は後を絶ちません。教育の場が子供たちを守るように、企業は従業員のメンタルヘルスの維持と向上に努め、従業員の生命と健康を守ってゆく必要があるのです。それが結果的に企業全体の業績と生産性の向上に繋がり、こころまで豊かな社会に繋がるのです。EAPとはそれを実現するための一つの大きな手段なのです。
行政指針に基づくメンタルヘルス対策
 心も身体も健康に、皆がいきいきと働ける社会を作るために、これまで国(行政)からも幾つかの指針が出されてきました。詳細はこちらのページをご覧ください。
EAP導入のメリット
EAPを導入するメリットとしては、以下のような事が挙げられます。
  • ・企業の活性化と業績向上のため
  • ・社会的責任(CSR)の遂行のため
  • ・コンプライアンスとして
  • ・従業員のQOL(生活の質)のため
  • ・個人のパフォーマンスと生産性向上のため
  • ・リスクマネジメントとして
  • ・従業員満足の向上のため
その他に具体的な効果事例が米国などで報告されています。
EAPについて導入をお考えの企業様は「資料請求・お問い合わせページ」からご連絡ください。